枕の選び方次第で、いびきは改善できます!

 

 

いびきの原因は様々ですが、枕の選び方次第で改善することもできます。

 

高さの高すぎるものでは気道が「く」の字に曲がって狭くなってしまいますし、かと言って低すぎると舌が気道に沈み込んで気道を塞いでしまうということが起こりやすくなります。

 

いびきを改善するためには横向きに寝るのが望ましいので、横向き寝をサポートしてくれるようなタイプを選びましょう。

首にできるだけ負担がかからないよう、
肩と首の角度が水平になる高さ」が適しています。

 

また、骨格は個人で異なるので、詰め物で高さを調節できるものであることが重要です。
睡眠中は、何度も寝返りをしますので、腰などに負担がかからないように寝返りのしやすい枕を選びましょう。

 

寝姿勢が固定されているもの、中央に窪みがあるなど寝返りのしにくいものは避けましょう。
寝ているときに中の詰め物が偏ってしまうものは良くありません。

 

せっかく高さを調節しても、変形してしまっては合わない枕になっていまいます。

 

羽毛や綿など、柔らかい素材は変形しやすいです。
プラスチックチップやウレタンフォームなどの固い素材が適しています。