いびき解消!枕の選び方と横向きにねることが大切

 

 

いびきは枕で改善することができます。
いびきや無呼吸時症候群の防止も可能な枕があるため、効果のある枕の選び方を知ることが大切です。

 

いびきをかくことで様々な問題が起こる場合があります。
イビキが毎晩続くと脳や体の酸素が不足し、イライラ、風邪をひきやすくなる、脳卒中、高血圧、うつ病、心筋梗塞、集中力の低下などが考えられます。

 

イビキの原因は気道の状態です。

 

まくらが高いと喉が圧迫されて気道が狭くなるためイビキが出たり、まくらが低いと口が開いてイビキがでます。
いびき防止のまくらの選び方で大切なのは高さで、横向きに寝る場合は自分の肩幅に合う高さのまくらを選びます。

 

横向きに寝てまくらに乗った頭が上がらず沈まずまっすぐなものが理想の高さです。

無呼吸時症候群の症状がある場合は横むきで寝ると良いので、抱きまくらを使用するのも良い方法です。

 

大きくて長さがある抱きまくらは横むきで上になった方の腕や足をまくらにのせることができるため、体勢が楽になって快眠できます。